オンラインカジノ情報を徹底紹介

テキサスホールデムポーカーのルール

一般のカジノでも、またオンラインカジノでも、ポーカーはテキサスホールデムポーカーと呼ばれるルールの下で行われることが多くなっています。

これはポーカーの本質はそのままに、よりカジノでのプレーに適したように改良を加えたものです。

その気になれば、普通のポーカーゲームをプレーする際に、このルールを取り入れて遊ぶことも十分に可能です。

テキサスホールデムポーカーの最大の特徴は、コミュニティカードと呼ばれる5枚の場札にあります。

これは表向きに場の中央に配られ、全てのプレイヤーが自分の役を作るために使うことができます。

別に、二人以上のプレイヤーが同じコミュニティカードを使いたいということになっても全く問題はなく、そのカードで自分の役を作ったものとして取り扱うことができます。

その一方で、各プレイヤーに配られるカードは5枚ではなく2枚だけで、しかもこの2枚は山札のカードと交換するようなこともありません。

各プレイヤーは、手札2枚とコミュニティカード5枚の合計7枚の中から5枚を選んでポーカーの役を作ることになります。

ポーカーで外すことのできないベットの駆け引きですが、これは1回のゲームで合計4回行われることになっています。

まず、コミュニティカードが配られていない状態で、手札2枚だけの状態で1回目のベットを行います。

5枚のコミュニティカードについても一度に全てが配られるわけではなく、より盛り上がるようにするため、まず3枚だけが配られてここで2回目のベット、続いて4枚目が配られて3回目のベット、最後に5枚目が配られて4階目のベットという流れになっています。

このように、5枚の手札の交換前と交換後という2回だけのベットチャンスがある普通のポーカーとは異なり、他のプレイヤーと比較して自分にどれだけ強い役ができそうなのかがステップごとに合計4回にわたってだんだんと明らかになっていき、その都度ベットをするという楽しみがあるのがテキサスホールデムポーカーということになります。

最新情報をチェックしよう!

カジノゲームのルールの最新記事8件