ブックメーカーは、海外で提供されている賭け屋のことを指します。

オンラインカジノは、ゲームを主体として提供されているギャンブルですが、ブックメーカーは特定のゲームに拘らずに多種多様なものに対して賭けを行うことが可能です。

また、ブックメーカーの特徴は、胴元が掛け率をあらかじめ設定しておく点にあります。

例えば、日本でも公営ギャンブルとして提供されているものはありますが、そのすべてにおいてオッズが変動制になっています。

競馬をみてみると、オッズが最初から設定されているわけではなく参加者が投入した金額によって需要が変化し、それによってオッズも大きく変わっていくという仕組みを採用しています。

実は、こういった仕組みは同じ競馬というカテゴリーに属していてもブックメーカーでは真逆な仕組みです。

ブックメーカーは、自分たちで1着になる可能性が高いと考えるものに対してオッズを設定することになりますので、日本の倍率とは全く違う傾向があります。

固定制になっている代わりに、一度購入した掛け率に関しては購入した時点から変化がないというのが大きなメリットです。

変動制の場合は、2倍のオッズが付いていたとしても自分の投入した金額でオッズが変動することがあるため、その通りに利益を得られない可能性もあります。

ですから、こういった観点からブックメーカーは安定して配当を得られるという利点が存在します。

現実的な賭けの対象に関しても、非常にユニークなものが多く世界中の人から愛されている傾向があります。

例えば、特定の日に雪が降るか、あるいは雨が降るかなどといった非常に面白い対象も賭けとして利用することができます。

ただ、1つだけ注意が必要なのが国によってブックメーカーに関する法律的な考え方が異なることです。

日本では当然国内でのブックメーカーを禁止していますし、アメリカなどでも特定の州法でそれを行うことを非合法としているところもあります。

あくまでも、合法的な地域でのみ許された行為だということを知っておくことです。

おすすめの記事