オンラインカジノ情報を徹底紹介

オンラインカジノのライセンス制度

皆さんが普段何気なく、安心・安全に楽しんでいるオンラインカジノのライセンス制度というものをご存知でしょうか。

オンラインカジノを運営するためには、ライセンスを発行している国の審査を受け、健全な経営を行っているか、個人情報などの取り扱いは適切かなどの審査基準をクリアすればライセンスを発行するという流れになります。

こうしたライセンス制度ができた背景には、乱立していた悪徳業者の一斉排除が目的でした。

以前はある程度の資金が集まったら出金できないようにしてそのまま倒産してしまう、不正なプログラムを組み込み大勝ちができないようにするなどの無法状態が続いていました。

そんな状況を改めるために、ライセンスを発行している国の政府が立ち上がり、まっとうなオンラインカジノ業者にのみライセンスを与え、運営をおこなって良いという仕組みに変更しました。

しかし、ライセンスを取得する際にのみ健全な運営を装い、いざ取得した後は先述なような手法でプレーヤーから不当に資金を搾取するという恐れも考えられます。

それを防ぐために取得後も完全に各政府などから独立した第三者の審査機関があり、そこの厳しい監視が待ち構えています。

特に世界的に信頼性が高い所にeCOGRAとTSTという機関があります。

eCOGRAとTSTはそれぞれ別分野の監視や取り締まりを行っており、この2つの機関の目をかいくぐり、不正を行うということは極めて困難です。

まず、eCOGRAはオンラインカジノ業者とプレーヤー間でトラブルが起きた際のプレーヤーの保護を目的として設立されました。

eCOGRAの厳しい点は審査内容や項目の多さだけでなく、一度審査に通ったオンラインカジノも、その後基準を満たさないとなると、即座に認定を外すという徹底したプレーヤー保護の観点に立って審査をしています。

もう1つのTSTという機関は、ゲーミングソフトに不正なプログラムなどを使用していないかという点を監視する機関です。ソフトウェアの公正さを保てているかという点を1ゲーム1ゲーム入念に厳しい目でチェックします。

ライセンス制度と監視機関によってオンラインカジノは安全に利用することが出来るのです。

最新情報をチェックしよう!