昨今の日本で話題のテーマの一つがカジノ法案です。

カジノを合法的に開く用意するべきなのか、様々な意見が展開されています。

ここで疑問に思うことはオンラインカジノが普通にインターネット上で開かれていることです。

カジノ法案について話し合われている、ということはカジノに関してはまだ法整備がされていないはずです。

ですがネット上ではだれでも気軽にオンラインカジノを楽しめます。はたしてこれらは合法的に行われているのでしょうか。

オンラインカジノ自体は海外でライセンスをきちんと持っている場合は合法です。

多くのオンラインカジノはきちんと合法的に活動していますので、怪しい団体ではないです。問題はカジノ自体ではなく、こちら側です。

海外でカジノを楽しむことは出来るでしょうが、日本にいながらオンラインカジノを楽しむことは合法な行為でしょうか。

そこで気になる判決が挙げられます。実はオンラインカジノで賭博をしたという理由から警察に捕まった事例があるのです。

この時に3人がつかまり2人は早々に罪を認めて罰金を払います。

罰金を払えば、すぐにでも保釈されますので、無難な選択です。

ですが、そのうちの一人はこの件に納得が出来ないため裁判で争うことにしたのです。

そこで結果的に不起訴(無罪)を獲得することが出来ました。

この判決からわかることは現状ではオンラインカジノに参加したという理由だけでは、犯罪者になる可能性はかなり低いといえるでしょう。

しかしこれで安心することは早計です。現状で逮捕されないのは、法整備が進んでいないからです。

日本では言うまでもなく賭博は違法行為です。ですがオンライン上では法整備がされていないため合法とも違法ともいえないグレーゾーンの様な形になっています。

今後法整備がされてくれば、今までと同じように取引が出来るかは分かりません。

今後どのように情勢が変わるのか、しっかりと見ながらゲームを楽しむことをお勧めします。

おすすめの記事